MS新書体の字形変更

[ 印刷用 ]
[07-01-17 訂正]

 

Windows Vista の MS新書体(MS明朝、MSゴシック、新書体のメイリオ)では、印刷標準字体に対応した JIS X 0213 追補1 に準拠した字形変更がされました。ここで字形変更された文字数に関する報道には、若干の混乱があるようでした。
Windows Vista の MS新書体で字形変更される文字数については、96字とも、122字とも報道されていました。しかし、JIS X 0213 追補1 で字形変更されたのは、167字(第三水準1字を除く)。デザイン差といわれる39字を除いても128字あり、Windows Vista の MS新書体は、何か違う点があるのではないかと思われた方もいらしたのではないでしょうか。

そこで、JIS X 0213 追補1 との対応表を作ってみたところ、報道された字形変更数とは違って、JIS X 0213 追補1 にほぼ完全に対応していることが分かりました。
もともと、MSフォントには筆押さえのないものも多く、字形変更の必要がないものが、35字(差異が不明のもの6字、印刷標準字体と字形がわずかに違うもの3字を含む)。残りの132字に関しては、字形が変更されていると考えられます。

 


訂正

[07-01-17]

その後、字形変更数の誤りが見つかりましたので、訂正します。

JIS X 0213 追補1 で字形変更された168字(第三水準の1字を含む)のうち、Vista の新書体で字形変更されたのは、135字です。
したがって、字形変更されなかったのは、33字になります。(差異が不明のもの5字、印刷標準字体と字形がわずかに違うもの3字)

そのほかに、第三水準(78JIS互換漢字)1字とUCS互換漢字1字が字形変更されています。

詳しくは、「MS社の資料による新文字セットの変更点」にまとめましたので、ご参照下さい。

また、これに関連して、以下のものも訂正を追加しましたので、併せてご参照下さい。


  << もどる